Loading

Session

ツインレイ、ツインフレームに関するご相談

ひとりでする”努力”に疲れましたか?

スピリチュアルな”真実”では、あなたは決して”ひとり”ではありません。
傍らには、いつも”彼”のハイアーセルフがいます。
それでも、旅を始めたばかりの頃は、何を信じればいいのか、分からなくなることも多いでしょう。
今まで地球で”愛”と信じられて来た”概念”を超え、
真の”愛”を学ぶツインレイたちは、統合の”旅”の終盤まで、形ある”関係”を築くことが出来ません。
辛くて苦しいのは、3次元の”分離意識”にアンカリングされているからです。
分離の”錨”を上げ、片割れの待つ”愛”の海へ出航しましょう。

真実の”私”へ再び還る旅

人間意識の”恋愛”に囚われているうちは、どうしても人間の”彼”へ意識が向かって行きます。しかし、向かうべき”目的地”は、彼ではなく”私”の奥深くに眠っている”真実の私”です。
あなたは”愛”であり、同時に”光”であるのです。
その”事実”を思い出す為に、ふたりに長い”沈黙”が訪れるのです。
言葉にしなくとも、彼はあなたを愛しています。無意識にふたりの深い縁を感じ取り、あなたの”再誕生”を待っています。

封印された”女神性”を解き放つ

優しくて、ふわふわキラキラした”女神”のイメージは、分離時代の集合意識に”創られた”モノに過ぎません。調和時代の”女神”とは、真の”女性性”のこと。つまり、アンドロメダの”女性”が起源です。
地球では、女神よりも”アマゾネス”の方がイメージにより近いことでしょう。自由で、奔放で、凛とした”強さ”があります。
そして、真の”男性性”とは、そんな”女性性”さえも包んで余りある大きな”愛”を持つ、一対の存在であるのです。

女性は愛へ還る”男性”を導く光

今までも、何度も繰り返し語られて来たように、最初に”愛を開く”のは女性です。
アセンション逆行時代、男性が”社会”を牽引して来たように、アセンション順行時代に社会を牽引して行くのは女性です。けれども、それは必ずしも女性の”社会進出”を意味するものではありません。男性の持つ”創造のエネルギー”をどのように行使するのか。その”ベクトル”を方向づけるのが、調和時代の女性です。
ツインレイは、分離時代に崩れた”バランス”を建て直す存在あり、現代の”地球”にもう一度”エデンの園”を造る存在です。統合後のふたりは、新たな”創世記”を紡ぎ、世界に愛という”光”を放って、その”愛”を漣のように広げて行くのです。

女性が”愛”を開かない限り、男性は愛する片割れの許へ帰ることが出来ません。
女性の愛は、男性が愛へ還る為の"光"の標。夏の夜の”蛍”と同じです。
分離という”闇”の中、光を放たない女性の許へ、どうして男性が帰れるでしょうか。
あなたが愛する彼との”統合”を真に望むのなら、まずあなたが”愛”に、正真の”私”へと還らなくてはいけません。生まれた時には確かに知っていた、けれど、成長する過程で何処かに置き去りにして、心の奥底に”封印”してしまった”私”自身へ還ること。
女性が本当の”私”を取り戻し、愛と歓びで満たされる時、ハートは溢れんばかりの強い光を放ちます。その”光”こそ、男性への”合図”となることを忘れないで下さい。