ちょっと長くなるので、本当は何処かのカテゴリに収めたいのだけど。
まだ上手く纏められないので、一先ずダイアリーで。
今後、分割して別記事として更新されるかもですが、そこはご愛嬌(笑)
まだ、全貌が見えていない状態なので、飽くまでも「中間報告」として。
なので、変に「コレが正解!」という”思い込み”だけはご勘弁。

本当は、各方面、該当する方向けへ、個別の記事も書きたいのですが。
何分、今は時間が限られているので、骨子だけ先にお伝えして置きたいと思います。
正直、非常に現実的なモノから、トンデモっぽい宇宙の話まで、色々です。
これで腑に落ちる人、反対に納得出来ない人、様々だと思います。
ただ、願わくば、今回の件をきっかけにして、
レイの皆さんが、今一度、自分の望む「統合像」を確認して戴ければと思います。
その「統合像」が正しいか正しくないか、正解は求めなくて結構です。
その「統合像」に合致する情報が、Webに存在するかどうかも関係ありません。

まず、自分はどうしたいのか、どうなりたいのか。
すべての”探求”は、そこから始まります。
そして、真の”探求”とは、自分と同じモノを見つけて、安心することではありません。
確かに、仲間がいたという歓びや、自身を肯定された安堵感はあるでしょう。
しかしながら、真実、自分を肯定出来る存在は、自分自身しかいないのです。
どうか、そのことは、各自しっかり肝に銘じて戴きたいと思います。
決して、安直に「正誤判定」には走らないで下さい。
そのことを、願ってやみません。

    *    *    *

今回の「遅延」の裏側に関しては、今は概略しか触れません。
恐らく、想像以上に根深いモノですし、下手に「上辺」だけなぞったとしても、
正確には伝わらないばかりか、不安・不信だけが増長しそうなので。
後日の詳細記事をお待ち戴ければと思います。

1. 2020年統合組の遅延と、その対策
コレに関しては、すでに別記事(伴侶の意識を導く)に書いた通りです。

2. 1の遅延の原因
直接的な”原因”については、別記事(遅延に憤りのレイさんへ)の通りです。
では、何故、そもそもそのような誤った”サポート”が起こったのか。
この点については、ツインガイドの”次元”の問題です。
今回の件は、より人間側に近い、低次元(3.5次元)のガイド意識の問題。
そして、高次元(4.5次元)のガイド意識が一切介入しなかったのも、
やはり、次元の問題(自由意思には介入しない)です。

また、この一件が何処まで影響を及ぼしたかは、まだ未知数です。
ただ、低次元側ガイド意識が、極端な「分離視点」に染まっていたのならば、
必然的に、このガイド意識をソースにしたチャネリング情報の一部は、
この「分離視点」に基くもの、と推測されます。

ただし、飽くまでも”一部”であり、全部ではありません。
恐らく、大筋では合っているけれども、到達点・結論だけが違うというパターン。
長年水面下にあった「統合と現実化」の解釈に関わると思われます。
端的に言えば、現実世界での”統合”があるか否か。

3. 現実世界での”統合”について
コレに関しては、別記事(協力して「証明」する)へ詳しく書きました。
結論から言えば、コレは「自由選択制」となります。
大前提として、女性の自己統合があり、次に男性の高次意識との統合が起こる。
そこから先は、女性次第です。
現実世界で、ふたりが一緒に暮らすことを目指して、具現化を望むか否か。
ただし、以上は今回の男性意識軟禁事件の前の情報、です。

今回の件は、女性の自己統合後、女性が具現化を望んだにも関わらず、
速やかに男性意識が合流しなかったことから、発覚しました。
また、解放後の男性意識の状態を見ても(一言で言えば、癒しが足りない)
すぐに、残りのプロセスを進められる様子ではなかった。

状況から推測する限り、恐らく、未だ誰も完全な”統合”は果たせていない。
必要な”意識のパーツ”の一部が、軟禁状態だったんですよ?
どう考えても、魂レベルの”統合”でさえ完全ではない。
なので、今後、完全統合した場合に、自由選択制が維持されるかは未知数です。

4. 現実化は起こらない説について
コレに関しては、最初の統合スケジュールが2020年ですから。
しかも、今回の軟禁事件もありましたからね、正直、否定する理由が分かりません。
思うに、この説を推している人は、その、不倫?の人じゃないですか?
別に、想うだけなら、厳密には”不倫”じゃないですけども。
自分で「どうしたいのか」が選べないから、とか、
何より、自己統合しなくてもいい、の”免罪符”に使ってるでしょ?

じゃあ、既婚者はどうすればいいの? に関しては別記事(既婚、の捉え方)にて。
もうね、何度も言うけど、最終的に「自分はどうしたいのか」だけ。
お金とか環境とか、全部取っ払って、心は「どうしたいのか」だけだから。
あのサイトに書いてありました、じゃなくて、自分で決める。腹を括るの。

独身・既婚、全く関係無い、常に「自分と向き合う」だけよ?
とことん向き合って、自分で決断して、その「決断」に対して責任を持つ。
そうしたら、必ず何らかの動き・流れが起きるから。
単に「ないです、ありません」言うだけなら、幼稚園児レベルだからね?

5. 4の情報を信じて、後悔している方へ
コレに関しては、別記事(迷子になってしまったら)へ詳しく書きました。
まずは、素直に「やらかした!」と認めて下さい。
決して、あのサイトに書いてたんです!とはならないように。
その上で、今一度、自分が「どうしたいのか」を考えてみて下さい。
お金とか環境とか、全部取っ払って、心は「どうしたいのか」だけ。
心が決まったら、あとはその”決意”に沿って生きて下さい。

確かに、単純に”選び直し”が利く方だけではないでしょう。
だとしても、今後も、人生は続いて行くんです。
それなのに、一日も早い”再生”を願わず、瓦礫の中で生きて行くのですか?
どんなに痛い”学び”でも、それを”学び”と認めなければ、真の”学び”にはなりません。

終えていない”学び”は、必ずや繰り返されます。
一概には言えませんが、敢えて、そうした”経験”を求める魂もあります。
一度は、スピ世界に触れたのならば、人知を超えた”力”を知っているはずです。
改めて、学び直す、という選択もあることを忘れないで下さい。

6. 不信・失望への向き合い方
コレに関しては、別記事(期待と落胆の関係性)へ詳しく書きました。
正直、私自身も「期待と落胆」は、何度も味わって来ました。
だからこそ、絶対とも言えるのは、2のガイドの件にも通じることですが、
今回の件が「すべて」ではない、1つのことで「全部」を否定しない、ということ。
例え、結果的には”別モノ”だったとしても、使える”部分”だって在る。
この期に及んで、0か100の「二元論」はやめましょう。

あと、最後にコレが一番重要で、同時に解明が必要な部分。
今回の件を含め、過去のツインレイ情報を振り返った時に、
何処かの時点で、その情報に”がっかり”させられた経験はありませんか?
気づき、というよりは、もっと明確な”破綻”という形で……。

実は、コレは「持ち上げてから、落とす」の典型的なパターンなんです。
期待値が高いほど、人は、その期待を裏切られた時、強い「反感」を抱きます。
つまり、エネルギーの”落差”が発生し、更に以前の”地点”より下がる。
結局は、ツイン・スピ界隈のエネルギー値が下がる、ということです。

果たして、目的がこのエネルギーの搾取なのか、
それとも、レイやスピな人の”波動”を引き下げる為なのかは、まだ分かりません。
ただ、その可能性がある、と認識して戴くことで、プロテクトは可能です。
今後、意識して戴けると、全体的なエネルギーの底上げになると思います。